源泉徴収票の年収の横にある、「一番大事な数字」の計算方法とは

源泉徴収票を見ると、一番左の方に「支払金額」として、自分の年収にあたる金額が書かれています。これはすぐに「年収だな」とわかります。でもその横に書かれている金額はいったいなんでしょうか?そしてその隣の数字は?これらの意味するところをあまりよくわかっていない、つまり源泉徴収票の見方がよくわからないという人は意外と多いのではないでしょうか。


「給与所得控除後の金額」とは?

年収の隣の金額の項目は、「給与所得控除後の金額」です。これは、「給与所得控除」を計算して、それを差し引いているのです。その計算式は年収の額によって違います。たとえば年収300万円の人は

【年収の金額】 × 30% + 180000円 つまり108万円が給与所得控除額です。これを差し引いた192万円が年収の金額の隣に記載されています。

これが「所得金額」です。「給与所得控除後の金額」は、これを基に支払う税金が決まる大事な数字なので、しっかり理解しておきましょう。