知っておきたい自動車関連の税金のこと

自動車は「走る税金」といわれるほど、いろいろな税がかかっています。

★自動車税
自動車税は排気量と車種によって金額が違います。1500ccの小型車で年間34500円です。

★軽自動車税
軽自動車税は2015年4月1日から値上げされました。従来の年間7200円から新車登録される車両を対象に10800円に値上げとなりました。

★自動車取得税
50万円を超える金額で購入した新車・中古車は取得価格の3%の自動車取得税が課せられます。

★自動車重量税
新規登録と車検の際、重量に応じて課せられます。エコカーだと減免適用があります。

★ガソリン税、軽油取引税
自動車を走らせるのに欠かせないガソリンにも税金がかかっています。1リットルあたり53.8円と、燃料費のかなりの割合を占めています。

車を持っている人、これから車を持とうと考えている人は、「クルマにかかっている税金」がこんなにあるということを知っておきましょう。そして、このような車に関連する税金は、時の政権の政策で「増税」や「減税」されることもしばしばあるので注意してみましょう。